2種類の美容整形を受けた経験

美容整形を受けることを決めました

美容整形を受けることを決めました経過は順調何のトラブルもないまま過ごせています

高校卒業から大学入学までの春休みを利用して、美容整形の手術を受けた経験があります。
私が受けたのは、目元を二重にするための切開手術と、エラを削るための手術の2種類です。
私はこれまで、しっかり張ったエラが目立つ輪郭と一重の目元がずっと気になっていました。
周囲にからかわれたり、不快なことを言われたような経験があるわけではないですが、自分の中で気になっており長年のネックでした。
二重にするためにアイプチを使ったり、エラを隠すために髪を伸ばしたりしていましたが、どれも根本的な解決になるわけではありません。
そのため、自分の中で容姿に対して前向きな気持ちになれることはありませんでした。
そのような中で、ネット検索で興味を持ったのが美容整形です。
二重にするための手術があることは知っていましたが、エラをなくすための手術があることはその時初めて知りました。
医療行為であることからリスクもあること、そして費用が大きいことも気になりましたが、それでも自分が抱える悩みを解消できることには強い魅力を感じました。
この時は高校2年生でしたが、自分の悩みを解消できる方法があることを知り、美容整形に対して前向きな考えを持つようになったことを覚えています。
そうしてその考えは変わらず、高校3年生の頃に自分が抱えている悩みや、考えていることを両親に伝えました。
結果、幸いなことに両親の理解が得られたため、私は高校卒業のタイミングで二重とエラ削りの美容整形を受けることを決めました。